motogadget Made in Germany

ドイツ ・ ベルリン

■ ブランド ストーリー

モトガジェットの歴史
モトガジェットの哲学

動画

モトスコープ ミニ
モトスコープ ライト
モトスコープ クラシック
クロノ クラシック
シュアシフト
m-ユニット
m-ロック

モトガジェット装着画像

モトスコープ クラシック
モトスコープ ミニ
モトスコープ ライト

並行輸入品についてのご注意

モトガジェット 日本

モトガジェット ドイツ



モトガジェット チャンネル

m-can motogadget(モトガジェット)

motogadgetからの革新的なモーターサイクルの
デジタルコントロールセンター m-Unit Ver2

セキュリティー・アラーム・システム(盗難防止警報機能)搭載!

商品詳細
m-Unit V.2は、あなたのモーターサイクルの電気システムの心臓部となるデジタルコントロールユニット(コントロールボックス)です。

m-Unit V.2はプッシュボタン、またはハンドルバーに取り付けられたスイッチで操作する事が出来ます。
※プッシュボタンとは指で押している状態で通電するスイッチの事を指します。
例えば:ホーンスイッチ

m-Unit V.2は車両搭載のリレーやヒューズボックスの代替えとして利用されます。
その外観は、おおよそシガレット・ボックスサイズで耐水性、対候性、耐振動性を持ち、付属のM5スクリューにて簡単に設置する事が可能です。また車両の配線はm-Unit V.2のターミナルブロックに接続するようになっています。
※完全防水ではありませんので、搭載する際には必ず水や雨のかからない箇所に設置して下さい。

m-Unit V.2はあなたのモーターサイクルの心臓部となります。全てのリレースイッチング動作は最新のマイクロプロセッサーによる完全デジタル制御で、旧来の機械的リレーを排除します。これはあなたの車両の電気システムを新たなステージへ導くでしょう。

m-Unit V.2の特徴
・往来品と比較して待機電流を減らしバッテリーへの負担を減少。
待機電流0.35mA。(アラームオフ時) / 待機電流0.48mA。(アラームオン時)

・3D重力センサーによるアラームシステム。
往来品のm-Unitではアラーム感知のために水平か垂直に車両に搭載する必要がありましたが、新たに3Dセンサーを使用する事によりm-Unit V.2本体の搭載位置の自由度が高まりました。

・感度調整可能なアラームシステム
新たにプレアラーム有り無し設定と、感度設定が出来るようになりました。

・トランスポートモードによるアラームシステムの簡単な解除
フェリー、トレーラーやレッカー車などによる移動の際にはホーンボタンを押しながら、イグニッションスイッチをオフにする事により簡単にアラームを無効にすることができます。

・パーキングライト(駐車灯)機能

・作動電圧3Vから20V(推奨6Vまたは12V電源システム) 

・往来品より拡張された作動ボルテージ領域によりボアアップされたエンジンや高圧縮エンジンでも安定動作を実現。

・電気極性の逆接続からのプロテクト(保護)機能

・オーバーボルテージからのプロテクト(保護)機能

・オプションのmボタンを使用する事でデジタルバステクノロジーによるハンドル廻りのケーブルの(※)簡素化を実現。
※フロントブレーキ、ウインカー、ライト、スターター、ホーンスイッチの配線を全てmボタンに接続しmボタンから一本の配線でm-Unit V.2に接続するものです。これによりハンドル廻りの配線をm-Unit本体まで引き回す必要が無くなり大幅に配線が簡素化出来ます。

※m-Unit V.2はバッテリー搭載車両のみ使用が可能です。またマグネトー点火、CDI(キャパシター・ディスチャージド・イグニッション)点火車両には基本的に使用不可となります。

製品仕様
寸法 : 箱の長さ/幅/高さ: 101mm/61mm/28mm
重量 : 約180g

付属ネジ :
M5ステンレスネジ×2本(マウンティング・グランドターミナル用) 
M5ステンレスネジ×1本

作動電圧 : 3V - 20V
動作温度 : -20℃...+80℃

パーツ構成
・m-Unit V.2
・約50cmのバッテリープラスへの接続用のコネクターケーブル(横断面10 mm²)
・ケーブルエンド端子 ×2
・M5ステンレス・ボルト×1
・M5ステンレス・ボルト&ナット×2
・日本語取付け操作説明書×1

 

m-Unit V.2の特徴
・m-Unit V.2はプッシュボタンもしくはハンドルスイッチで操作します。
・m-Unit V.2の8つのデジタル回路はデジタル的に管理されて回路にエラーが生じた際   には電源をシャットダウンします。これは車両のフューズパネルの代替えとなりえます。
・回路の状態は、内蔵されている15個のステータスLEDの点灯状況で判断可能。
・マイクロプロセッサーを使用した信頼性のある回路の制御と管理。
・デバイス簡素化セットアップのための柔軟な構成。
・最新の半導体技術によるデジタルリレー。機械式リレーを使用していないので損失と摩耗が無く、素早い安定動作を実現。
・非常にコンパクトな筐体による設置の自由度。
・m-Unit V.2利用による車体配線の簡素化。
・ハイビームとロービームを1つのプッシュボタンで切り替え可能。
・デジタルハザードライトコントロール。イグニッションスイッチをオフにしても点滅。
・デジタルフラッシャーリレー機能。タイマー設定可能なフラッシャー自動消灯機能。
・フラッシャーを通常の点滅とフェードイン・フェードアウトするm-Wave機能と選択可能です。タイマー設定可能。
・ターンライトをポジションライトとして使用可能なナビゲーションライト機能。明暗度設定可能。
・デジタルブレーキモジュール搭載による、ブレーキランプフラッシャーモード各種選択可能。
・重力フィールドセンサーによる盗難防止アラーム機能。感度設定可能。
・エンジン始動時に不要な回路をシャットダウンしスターターモーターに電源を集中的に供給するインテリジェント機能。
・m-Unit V.2と1本の配線での接続でテールライトとブレーキライトを利用可能。

 

販売価格 \56,000(税別) → お買い求めはこちらをクリック


m-Unit Ver2の簡単な配線例(PDFファイル)
m-Unit Ver2とm-buttonを使用したの簡単な配線例(PDFファイル)



m-Unit 装着例







m-ボタン

motogadgetから新たなイノベーション、m-ボタン。
m-ボタンは、m-Unit Ver2に対応した雑然とした配線をスッキリさせるために役立ちます。

ハンドルバー内部やその他適切な場所にこの小さなm-ボタンを設置することによって、ハンドル周りのスイッチ、ボタン類の配線ができます。

最先端技術のBUS技術を使用して、m-ボタンはデジタルで信号を処理し、細径ケーブルを介してm-Unit Ver2にそれらを送信します。 その後、電気的な装備品はm-Unit Ver2の内部で切り替えられるでしょう。

すべての電気操作系の配線は、ハンドルバーに移動できます。 これは、スペース、重量、労力と時間を節約できます。 m-ボタンはカスタムバイクに欠かせないクリーンルックのハンドルバー周りを実現するための必須アイテムです。

シンプルな配線敷設

a) 通常は、動作電流(例えばヘッドライトやウインカー)は、ハンドル・スイッチの配線によって直接送信されます。 高電流のため、大径ケーブルはスイッチからヒューズボックスに接続して電気デバイスに敷設する必要があります。 その結果として配線を大きく束ねることになります。 これらの大きな配線の束は、カスタムバイクのための限られたスペースや美しい外観のために配線を隠すことができません。

b) m-ボタンを使用しない場合、コントロールスイッチやコントロールボタンのそれぞれのケーブルをm-Unit Ver2まで敷設しなければなりません。 これらのケーブルは制御電流をm-Unit Ver2まで運びます。すべての高負荷と電流は、m-Unit Ver2で直接切り替え電子装置に直接送信されます。 これだけでも配線のシンプル化ができます。


c)  m-ボタンと一緒にm-Unitを使用することにより徹底的に配線をシンプル化することができます。  ハンドルバーのスイッチ/ボタン類を全て最短距離の配線でハンドルバー内部に隠して敷設することができます。  m-ボタンからm-Unitへの配線は1本のケーブルだけで敷設できます。  すべての負荷と電流は、m-Unit Ver2(上記の説明を参照)で、直接切替えられます。  配線レイアウトは最大限にシンプル化されます。

m-Unit Ver2の簡単な配線例(PDFファイル)
m-Unit Ver2とm-buttonを使用したの簡単な配線例(PDFファイル)

m-ボタンは完全密封で耐震、耐水です。

Dimensions and technical data:

機能
ウインカー左
ウインカー右
ヘッドライト(ロー/ハイ)
エンジンスターター
ホーン
フロントブレーキライトスイッチ

サイズ
直径 12mm
長さ 25mm
セーブル長 約60cm
m-Unitへ接続するためのケーブル 約200cm
重量 約30g

ご注意! m-ボタンはm-Unit Ver2にのみ使用できます。 以前のバージョンのm-Unitにはご使用できません。

販売価格 ¥8,000(税別)










m-Unitケーブルキット

m-Unitケーブルキットは、煩雑なワイヤリングハーネスの接続を簡単にします。

このケーブル·キットには、トップグレードの銅ストランドケーブルで構成されており、新しいハーネス作成の迅速な作業に役立ちます。

異なるケーブル径と色が理想的にm-Unitとの接続に適しています。

このケーブルキットの数と長さは殆どのオートバイモデルに対応します。

また、キットには、複数のケーブルタイラップとケーブル先端のスリーブを含んでいます。ケーブルと付属品の合計重量約1kg。

キット内容

ケーブル色

直径

長さ(m)

2,5 mm²

5

2,5 mm²

4

2,5 mm²

2

1,5 mm²

4

1,5 mm²

2

1,5 mm²

4

1,5 mm²

4

1,5 mm²

2

1,5 mm²

2

0,5 mm²

2

0,5 mm²

2

0,5 mm²

2

0,5 mm²

2

0,5 mm²

2

0,5 mm²

2

0,5 mm²

2

0,5 mm²

2

 

ケーブルタイラップ(小) ×15
ケーブルタイラップ(大) ×15
ケーブルエンドスリーブ(小) ×10
ケーブルエンドスリーブ(中) ×10
ケーブルエンドスリーブ(大) ×10
説明書 ×1

販売価格 ¥8,000(税別)




motogadget Japan